運動嫌いな僕が本物のトレイルランナーになるまでの軌跡(奇跡)。

2015年6月7日から走り始めて3年と7ヶ月が経過。どうしたら速く走れるようになるかを色々と考えつつここに記す。

2019年2月 2018年の振り返りの話。

 どうもお久しぶりです。約1年ぶりの更新となりました。

 

 2019年になりましたし、2018年はどんなふうに過ごしていたかについて振り返りたいと思います。

 

 2018年の1月28日に開催された勝田マラソンで2時間52分32秒という自己新記録を叩き出し、幸先よくスタートを切ります。

 それと同時に都内にある【Run boys!Run girls!】が主催するトレイルランニングクラブの岩本町TRCに所属することになります。

rb-rg.jp

   ここで僕の師匠となる礒村コーチと出会い、今に至ります。

 

 さて、その後はフルマラソンサブスリーランナーという無駄な自信による練習不足が続き4月に開催されたハセツネ30Kで惨敗。7月のONTAKE中止による心がポキリ。

 その練習不足のまま9月は上州武尊スカイビュートレイル120に参加してもちろん惨敗、10月はハセツネDNF…そして12月は武田の杜でパッとせず。

 

 何がダメだったかは十分に理解しています。ええ、はい。ついでに体重が激増。2018年の1月の頃は60kg前後だったのに12月には67kgに…色々と終わっています。

 

 とりあえず2019年になりましたし、初心に戻ってコツコツと走っています。月間で700km走るなんてまず無理。ですので1時間マフェトンから。過去の自分、すげぇな。

 

 そんな感じでブログも少しずつ更新していこうと思います。ファットアダプテーションについてや練習方法なんかを書きますね。では。

 

2018年2月 できるだけ速く長く走る為には何をどうすればいいのかについての話。

 上の記事での出来事がキッカケとなり本気で走ろうと決心した。

 

 職場から家までの帰宅ラン20km走り終えると2日くらいはダメージが抜けなくて歩くのもままならなかった。しかも腸脛靭帯炎にもなるし。これが2015年6月~2016年6月までのお話し。

 

 2016年7月からは腸脛靭帯炎から抜け出してショート~ミドルレースに出だす。トレイルの短い距離のレースなら完走もできるようになり、それで少し調子に乗り出す。 

 

 2017年になるとフルマラソンや100kmのレースに挑戦し出す。

 これが酷い結果で悲しくなる。板橋CITYマラソンは3時間43分でフィニッシュ…最後は走れなくて歩いたりもした。

 7月のONTAKE100は胃腸トラブルやらなんやかんやでDNF(do not finish、つまり途中棄権)。

 9月の上州武尊では33時間もかかるし、10月のハセツネでは17時間でしょ…本当にコテンパンな状態でハセツネ直後から11月のFT50まで一切走らず。

 

 2017年11月中旬から川内優輝さんが月間で700km走っているという話を耳にしてやってみるかと決心。ということで2017年12月と2018年1月は達成。

 2018年の1月は前の記事の通りハーフ、5000m、フルと毎週PBを更新する快進撃。やっぱりフルで3時間を切れたのが大きかった。2年7ヶ月22日でサブスリー達成。

 700km走るトレーニングを始めて2~3ヶ月目には入ってたけど、あんなにあっさり結果に繋がるとは自分でも驚き。でも偶然ではない確かな手応は感じた。

 

 前置きが長くなったけど、速く長く走る為には何をどうすればいいのかについて改めて考えてみたので記す。

 

1.ケガをしないこと

2.疲労の回復に努めること

3.モチベーションの維持

 

 上記の3項目に尽きると思われる。

 では、どうしたらケガをせずに走れるようになるのか。どうしたら早く回復できるのか。そして、どうしたらモチベーションを維持し続けられるのか。

 

 って下書きの記事を2019年の1月28日に見つけた…削除しちゃうのは勿体無いし、中途半端な感じではあるけどアップロードすることにする。

 

 3項目については順を追って具体的に説明していこうと思う。