運動嫌いな僕がプロトレイルランナーになるまでの軌跡(奇跡)。

2015年6月7日から走り始めて2年と1ヶ月が経過。どうしたら速く走れるようになるかを色々と考えつつここに記す。

2015年6月7日 5km以上走ったことのなかった僕がトレイルランニングの練習会に参加してみた話。

f:id:trmontittiosa:20170212040407j:plain

 2015年5月某日

M氏「6月7日の日曜日、トレランの練習会に誘われてるんだけど一緒に行かない?」

と、M氏(※1)からLINEが入る。

 

 トレランとはつまりトレイル(登山道だとかの未舗装路)をランニングすること。当時の僕はトレイルを走った経験など只の一度たりとも無かった。

 しかし、キックボクシングジムの先輩でもあり年上のM氏からのお誘いであることと、週に1〜2回・5km程度のランニングもしていたので体力にはそこそこ自身があった僕は、ついうっかり

おさだ「行きましょう!」

 と、返事をしてしまった。今になって思えばうっかりにも程がある。そうして2015年6月7日に人生初のトレイルランニングを経験することになる。

 

 ちなみに補足しておくとM氏はその頃からトライアスロンに興味を持ち始め、スイム・ラン・バイク、それにフルマラソン・シーカヤック、更に柔術MMA等の色々な競技に挑戦していた。体力で敵うはずがない。

 

 コースは地図の紫の太線の部分で梅丘陵ハイキングコースから高水山頂まで行き、同じ道を戻ってくるという距離にすると約23kmを走ることになっていた。

 過去に5km以上のロードを走ったことのない僕がトレイルを23km…無知とは恐ろしい。23kmもトレイルを走るということがどういうことか、想像することすらできなかった。

 

 当日、夜勤が終わり職場の早朝の渋谷から電車で青梅駅を目指す。電車の中で寝ていこうと思ったが全く眠くない。一睡もできないまま青梅駅に到着。とりあえず待合室でササッと着替えて集合時間を待つことに。

 7時半頃になると一緒に走るメンバーの方が続々と集合…おや…?皆さん、肌の露出度が高いウェアに身を包み本格的な格好をしていらっしゃる。嫌な予感がしてきた。

 

 青梅丘陵ハイキングコースは小さな起伏が沢山あって登り下りを繰り返す。走り始めて約1時間が経過した頃、距離的には約7〜8km程度だろうか…僕の左のふくらはぎに違和感が。これはマズイ。

 誤魔化しながら走ってると今度は右のふくらはぎに違和感が…ということで両足のふくらはぎはあっという間に限界を超えてしまってこむら返りを起こす。

 

 練習会に参加されている皆さんに迷惑は掛けられないのでとりあえずノロノロと付いて行くが、しばらくすると今度は下りで大腿四頭筋(前もも)までもが攣る。

 登ればふくらはぎが、下れば前ももが攣ってしまって走行困難どころか歩行困難。結果的に皆さんに大迷惑を掛けてしまった。

 

 折り返し地点の高水山頂まですら到達することができず途中リタイアして軍畑駅までトボトボの歩き、電車に乗って青梅駅まで戻った。そんなこんなで僕の初トレイルランニングはとんでもなく苦い思い出となったのだ。 

 この出来事があまりにも屈辱的で、このまま終るわけにはいかないと本格的にトレーニングし始める。とりあえず一緒に走った皆さんよりも絶対に速く長く走れるようになりたかった。

 

 ちなみにこのコースは青梅高水山トレイルランというレースに使われる。2016年のこのレースに参加した結果もそのうちブログアップするので読んで欲しい。

⇒2016年4月3日 第18回青梅高水トレイルランに参加した話。(たぶん後で書きます)

 

(※1)M氏:僕のブログによく出てくるキックボクシングジムで知り合った先輩。

2017年2月5日 走歴、1年8ヶ月でハーフマラソン(21.0975km)を1時間25分で走ってきた話。

 

おさださん(@trmontittiosa)が投稿した写真 -

  2017年2月5日、「第5回大井東京冬マラソン」のハーフマラソン(21.0975km)に参加してきた。

 この時点で走歴は1年8ヶ月。ロードのレースに出るのはこれで3度目で初のハーフマラソンへの挑戦だった。

 ちなみに初ロードレースは2016年3月20日、板橋CITYマラソンで腸脛靭帯が痛くて後半は大失速、ゴールするのに4時間半もかかる。

 

おさださん(@trmontittiosa)が投稿した写真 -

  2度目は2017年1月28日の皇居CITYマラソン、リレーの部で第一走者として5km。調子は悪くなかったけど身体が激重…公式タイムは19分01秒。

 

 さて、今回のレースの当日の朝は5時半頃に起きて競技場に向かうも東京モノレールゆりかもめを間違えて大幅に時間をロス…出場も危ぶまれる。

 しょんぼりしつつ急遽タクシーで会場入り。運転手さんが優しい方で少しだけほっこり(ありがとう)。

 受付を済ませてサクッと着替える。パンフレットを見るとハーフの参加人数は70人程…少なっ。

 フルの参加人数はもっと少なく50人程。冬こそロードレースのシーズンだと思うんだけどな…何で?

 

 キャップはMOUNTAIN HARDWEAR、ウェアは上下ともpatagonia、シューズはSALOMONと完全にトレイルスタイルでレースに臨む。

 最近、ロードランナーがトレイルのレース出てたりするので逆にアピールしてやろうと思いまして。

 

 今回のレースは1時間半が切れればヨシとしていた。キロ4分15秒のペースで走れれば達成できる。レースが開始され速そうな方の後ろにピッタリとくっつく。キロ4分…少し速いけど前半は引っ張ってもらうことに。

 結局、4周目(残り2周)に入ってもキロ4分のペースを守り続けていた。同じコースをグルグルと回る形式だったので自分の順位がわからない…。

 ラスト1周はスパートすると決めていたので引っ張ってもらっていた方を抜き去りキロ3分50秒くらいにペースアップ。苦しい。前を走っていた速いランナーを一人抜いた。辛い。

 前方10mくらいのところにもう一人速いランナーが…抜きたい。辛い、苦しい。差が縮まらない…。と、そのままゴールされてしまった。 

  結果は1時間25分01秒で総合2位。前を走っていた方は7秒差でゴールしていた。これは悔しい。とりあえず1時間25分というタイムにはそこそこ満足。でもまだ伸びしろはあるので練習頑張ろう。

 

 次のレースは3月19日の板橋CITYマラソン。前年のリベンジだ。とりあえず3時間20分を切れるように走る予定である。(本当はサブスリーを狙いたいけど無理だろうから言わない)

 それにしても次から次へとライバルが増える。FT50で競ったH氏、それに今回のレースで負けたT氏。T氏に関してはトレイルのレース、2016年の斑尾でも負けていた。燃える。走らねば。