運動嫌いな僕がプロトレイルランナーになるまでの軌跡(奇跡)。

2015年6月7日から走り始めて2年と1ヶ月が経過。どうしたら速く走れるようになるかを色々と考えつつここに記す。

2017年2月17日 ハセツネ30Kの試走に行ってきた話の後編。

  前編を読んでいなければ前編からで。

trmontittiosa.hatenablog.com

 そしてハセツネ30Kの試走に行ってきた話の後編に続く。

f:id:trmontittiosa:20170301045215j:plain

 スタート&フィニッシュの秋川渓谷リバーティオから反時計周りに走り始め、うっかり市道山頂まで行き、少し戻って南下して醍醐丸まで到達する。走り始めて既に2時間40分が経過していた。時刻は10時20分。

f:id:trmontittiosa:20170227064442j:plain

 醍醐丸の拡大図。これはハセツネ30Kの公式ホームページに載っている地図で、赤丸で囲んだ部分に注目してもらいたい。

f:id:trmontittiosa:20170227064739j:plain

 誰かが作ってくれた地図データだとあの赤丸の部分はこんな感じ。公式の地図ほどツルンとしていない。先っぽは尖っている。Vターン状に折り返す。

f:id:trmontittiosa:20170227064948j:plain

 実際に走るとぐちゃぐちゃ。道がわからなくて行ったり来たり。どんだけ時間をロスしているんだろうか…タイムトライアル的な意味合いも兼ねて試走に来ていたのだが、その考えはこの辺りで完全に捨て去った。

 というのも渋谷から武蔵五日市駅までの道中、スマートフォンで動画なんぞを観ていたせいでバッテリーが30%を切っていた…見知らぬ山中で地図も見れなくなったら絶対に遭難する。安全、確実に家に帰るモードにチェンジ。

 

 黄色い線が実際に走ったルートで白い線がロードなのだが、途中から線が寄り添うように並行して進んでいる。要するにロードを走っているということ。そう、前半で10kmもロードを走ったのにまたしてもロード。

 5km下ると突如2kmの猛烈な登りが出現。下りで足を使いすぎると登れないので注意が必要だ。ハセツネ30Kは前半の10kmと後半の7kmを合わせて17km、つまり半分以上も舗装されている道を走ることになる。

 後半の7kmのロードを終えトレイルへと入る。その途中、GoogleMap上に「宇宙刑事ギャバンの家」が…なんだろう。ギャバンに助けてもらいたいな。そんなことを思いつつ今熊山を目指してラストスパートを開始する。 

f:id:trmontittiosa:20170227070924j:plain

 入山峠のちょっと先、赤丸の場所で道間違えをしていないか確認していると後ろからトレイルランナーに抜かれる。見知らぬ山を彷徨いつつぼっちで走り始めて4時間10分、初のトレイルランナーだった…嬉しい。

 彼の後ろを走るも結構な疲労感が…あっという間に見えなくなる。寂しい。置いて行かないで…。そんな感じで走っていると今熊神社、そして人家の気配が強くなる。無事に帰ってこれた!感無量で目的を忘れかけている。

f:id:trmontittiosa:20170227072318j:plain

 赤丸の箇所をよく見てもらいたい。青いルートはゴールに向かって北上しつづける。地図を拡大すると下のような感じ。

f:id:trmontittiosa:20170301061220j:plain

 進むべき青いルートは今熊神社本殿に向かって進む。道なりに進んでしまうと今熊神社には出られるがそれはハセツネ30Kのコースから外れている。そう…

f:id:trmontittiosa:20170301061447j:plain

 まんまと今熊神社方面へ駆け抜ける…スマートフォンのバッテリーがギリギリであったことと、人恋しさに惑わされて思い切りコースアウトしてしまった。気付いたときには時既に遅し。

 こうして僕のハセツネ30K、試走は終わった…タイムトライアルどころか危うく遭難しかかるし、最後はコースアウト。武蔵五日市駅に無事に帰ってこれたが結局5時間9分もかかってしまった。

 

 前編では「ハセツネ30Kの目標タイムは3時間。50位以内に入る」なんて豪語したが本番では一体、どうなることやら…とりあえず身体の調子は悪くない(2017年3月1日現在)。また記事にするので結果は乞うご期待。

2017年2月17日 ハセツネ30Kの試走に行ってきた話の前編。

  日本で最も有名なトレイルのレースといえば何だろう。どんなレースに参加して完走すれば「私はトレイルランナーだ」と胸を張って言えるだろうか…僕はハセツネであると思う。

 ハセツネとは日本山岳耐久レース・長谷川恒男CUPの俗称で…略。詳しく知りたかったらここを読んでね。ということで、トレイルランナーであれば一度は走っておくべきレースだと言っても過言ではない。

 上記のような理由により日本中から参加希望者が殺到する。エントリー方法はクリック合戦でレースと同じく早い者勝ち。でもそれだと実力者がうっかり漏れちゃう可能性が出てきてしまう…ということで生まれたのがこのハセツネ30Kだ(と思う、多分)。

 というのも、ハセツネ30Kで男子1000位以内に入れるとハセツネへの優先エントリー権がもらえるシステムになっていて、まずはそこでふるいにかけられる。ここで生き残れない場合は本戦に出る資格もないということだろう。

 

 …優先エントリー権、欲しいな…。

 

 そんなわけで2017年2月17日にハセツネ30Kのコースを試走してきた。「試走に行く」なんてのは僕のトレイルランニング歴1年8ヶ月、これまでに7つのレースに参加してきたが今回が初めてのこと。

 ハセツネ30Kに使われるコースは東京の西の端っこに位置し、職場のある渋谷から電車を2時間ほど乗り継げば行ける。コースも30kmなので身体への負荷から考えてもトレーニングには丁度良さげ。

 

 午前5時、渋谷での夜勤を終えて電車に乗り込む。車中ではスマートフォンでのんびりと「FROM THE TRAILS」を観る。テンション上がるぅ~。見終わる頃にやっとこさスタート&ゴールの会場がある武蔵五日市駅に到着する。遠い。

f:id:trmontittiosa:20170223043620j:plain

 気温もそこまで低くなく晴れていて気持ちが良い。トレイルランニング日和だ。駅のコインロッカーにリュックを詰め込みサクサクと着替えて会場予定地である秋川渓谷リバーティオに向かう。

 ハセツネ30Kのコースは事前に調べており地図データをダウンロードしてスマートフォンの中に入れておいた。GoogleMapを開くと青い線で表示されるのでその線に沿って進めば良いという寸法だ。

 

 僕の走力は優勝選手のタイムに1時間~1時間半ほど追加した程度なので、昨年の覇者である奥宮さんの2時間48分に1時間半追加して4時間半といったところだろう。リザルトと比較し4時間半でゴールすると約630位。まあ、そんなもんか…。

 ぶっちゃけ試走しなくても1000位以内には入れるだろうという予想はできていた。では何故試走しようと思ったか…それは岩本町の方には絶対に負けたくないからである。勝手にライバル視。

 昨年、最も早くゴールされた岩本町の方は3時間16分で54位であった。何としてもその記録と順位だけは抜きたい。抜きたい、抜きたい、抜きたい!ということで僕のハセツネ30Kの目標タイムは3時間。50位以内に入るということで

 

 SUUNTOを記録するモードに入れる。午前7時40分、いざ出発!スマートフォンの地図をチラチラと確認しつつロードを直走る…3km通過…5km通過…7km通過…あれ?トレイルはまだなの?もう一度地図を確認してみよう。

 

 ん?んんん?地図の青い線が消えてる…

 

 そう、圏外になると地図データを表記してくれないのであった…足を踏み入れたことのない山に入るのに不安すぎる。一瞬、本気で帰ろうかなと少し悩む。でもせっかく2時間もかけて来たんだし走れるところまで走るかということで先に進む。

 10kmくらいロードを走っていると途中で青い線がロードからコースアウトして直進している。そこはパッと見、単なる谷。ここからトレイルに入るの?うそだろ?なんて思いつつ半信半疑で進む…すると今度は青い線がグインと右に…。

f:id:trmontittiosa:20170227055341j:plain

  丸の箇所がロードを突っ切ってトレイルに入る箇所。更に拡大するとこんな感じ。

f:id:trmontittiosa:20170227055355j:plain

 ロードを突っ切ってトレイルに入り、10mくらい上がった右手側に細い道がある。これ、GPSが使えなかったら絶対に見逃していた…。

 その後は分岐が無いシングルトラックのようだったので多分、道も間違えないだろうと思いつつも一応、慎重進む…お?どこかの山頂に出た!ということでスマホのカメラをセルフタイマーにして撮影したのがInstagramの写真。市道山(いちみちやま)の山頂。

 ここを道なりに進むと…あれ?方角が全然違う。臼杵山に向かってしまう。ということで引き返す…市道山頂から左の尾根沿いにも消えかかった踏み跡がある…こっちかな?と、ウロウロする。

f:id:trmontittiosa:20170227061242j:plain

 踏み跡があやふやな尾根道を進んでいると電波も受信しなくなり進むべきルートの青い線も消えてしまった…よし、引き返そう。ということで市道山を下りしばらくすると分岐の看板が見つかる。一安心。

f:id:trmontittiosa:20170227061732j:plain

 正しくはこんな感じで山頂手前に左折する。うっかり見逃した。そして変なところを闇雲に走らなくてよかった…これ、登山経験の無いロードランナーが一人だったら本気で危険なんじゃないかな。なんて言いつつ僕も結構、危険だったけども。

 

 そして思ったよりも記事が長くなってしまったので急遽後編に続く。

trmontittiosa.hatenablog.com