運動嫌いな僕がプロトレイルランナーになるまでの軌跡(奇跡)。

2015年6月7日から走り始めて2年と1ヶ月が経過。どうしたら速く走れるようになるかを色々と考えつつここに記す。

2017年2月17日 ハセツネ30Kの試走に行ってきた話の後編。

  前編を読んでいなければ前編からで。

trmontittiosa.hatenablog.com

 そしてハセツネ30Kの試走に行ってきた話の後編に続く。

f:id:trmontittiosa:20170301045215j:plain

 スタート&フィニッシュの秋川渓谷リバーティオから反時計周りに走り始め、うっかり市道山頂まで行き、少し戻って南下して醍醐丸まで到達する。走り始めて既に2時間40分が経過していた。時刻は10時20分。

f:id:trmontittiosa:20170227064442j:plain

 醍醐丸の拡大図。これはハセツネ30Kの公式ホームページに載っている地図で、赤丸で囲んだ部分に注目してもらいたい。

f:id:trmontittiosa:20170227064739j:plain

 誰かが作ってくれた地図データだとあの赤丸の部分はこんな感じ。公式の地図ほどツルンとしていない。先っぽは尖っている。Vターン状に折り返す。

f:id:trmontittiosa:20170227064948j:plain

 実際に走るとぐちゃぐちゃ。道がわからなくて行ったり来たり。どんだけ時間をロスしているんだろうか…タイムトライアル的な意味合いも兼ねて試走に来ていたのだが、その考えはこの辺りで完全に捨て去った。

 というのも渋谷から武蔵五日市駅までの道中、スマートフォンで動画なんぞを観ていたせいでバッテリーが30%を切っていた…見知らぬ山中で地図も見れなくなったら絶対に遭難する。安全、確実に家に帰るモードにチェンジ。

 

 黄色い線が実際に走ったルートで白い線がロードなのだが、途中から線が寄り添うように並行して進んでいる。要するにロードを走っているということ。そう、前半で10kmもロードを走ったのにまたしてもロード。

 5km下ると突如2kmの猛烈な登りが出現。下りで足を使いすぎると登れないので注意が必要だ。ハセツネ30Kは前半の10kmと後半の7kmを合わせて17km、つまり半分以上も舗装されている道を走ることになる。

 後半の7kmのロードを終えトレイルへと入る。その途中、GoogleMap上に「宇宙刑事ギャバンの家」が…なんだろう。ギャバンに助けてもらいたいな。そんなことを思いつつ今熊山を目指してラストスパートを開始する。 

f:id:trmontittiosa:20170227070924j:plain

 入山峠のちょっと先、赤丸の場所で道間違えをしていないか確認していると後ろからトレイルランナーに抜かれる。見知らぬ山を彷徨いつつぼっちで走り始めて4時間10分、初のトレイルランナーだった…嬉しい。

 彼の後ろを走るも結構な疲労感が…あっという間に見えなくなる。寂しい。置いて行かないで…。そんな感じで走っていると今熊神社、そして人家の気配が強くなる。無事に帰ってこれた!感無量で目的を忘れかけている。

f:id:trmontittiosa:20170227072318j:plain

 赤丸の箇所をよく見てもらいたい。青いルートはゴールに向かって北上しつづける。地図を拡大すると下のような感じ。

f:id:trmontittiosa:20170301061220j:plain

 進むべき青いルートは今熊神社本殿に向かって進む。道なりに進んでしまうと今熊神社には出られるがそれはハセツネ30Kのコースから外れている。そう…

f:id:trmontittiosa:20170301061447j:plain

 まんまと今熊神社方面へ駆け抜ける…スマートフォンのバッテリーがギリギリであったことと、人恋しさに惑わされて思い切りコースアウトしてしまった。気付いたときには時既に遅し。

 こうして僕のハセツネ30K、試走は終わった…タイムトライアルどころか危うく遭難しかかるし、最後はコースアウト。武蔵五日市駅に無事に帰ってこれたが結局5時間9分もかかってしまった。

 

 前編では「ハセツネ30Kの目標タイムは3時間。50位以内に入る」なんて豪語したが本番では一体、どうなることやら…とりあえず身体の調子は悪くない(2017年3月1日現在)。また記事にするので結果は乞うご期待。