読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年3月5日 プロトレイルランナーの石川弘樹さんと一緒に走った話の前編。

どこそこを走った記事。

 僕がどれだけ石川さんのことが好きか、尊敬しているかを語ると止まらないのでそれはさて置き、2017年の3月5日にアートスポーツのイベント「石川弘樹とはしるWEEKEND in 箱根芦ノ湖」に参加してきた。

 そもそもこのイベント、2017年の1月21日に開催される予定であった。すぐさま申し込みに行くも気付くのが遅かったのが原因で定員に達していた…猛烈にガッカリ。

 しかし運命の女神は僕を見放してはいなかった。1月21日は関東地方に降雪の予報が出てイベントが延期になったのだ。そして日程が変更され3月5日に。キャンセルが出て5名の追加募集が…

             キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

 ということで再度申し込み、今度は無事に受理され一緒に走れることとなる。

f:id:trmontittiosa:20170308053824j:plain

 3月5日、夜勤後の午前5時。渋谷から箱根湯本駅に向かう。集合時間は8時45分なのだが7時半には到着していた。とりあえずコンビニに行って補給食を買い込み腹ごしらえをする。

 8時過ぎに駅に戻り公衆トイレへ。トイレから出て集合場所である改札の方へ向かおうとすると角からサンバイザーの人が出てきた。まさかの石川さん、登場。

僕「(小声で)石川さん?」

一旦、通り過ぎた石川さんはくるりと振り返り

石「あ、はいはい。」

僕「今日はヨロシクお願いします。(モジモジ…)

石「こちらこそよろしくお願いします!(キラーン!!)

 とまあ、こんな感じでビックリして声をかけてしまった。石川さんとお話しできた。ものすごく感動。でも変なところで声をかけてしまって失礼したなと後で反省。

 

 バスで芦ノ湖の麓にある箱根町まで移動し石川さんと合流、ニューハレの足首を固定するテープの貼り方をレクチャーしてもらい、そのままストレッチ、そして走り出す。一挙手一投足がいちいちカッコイイ。

 ちなみに当日の石川さんの装備はpatagonia R1 Hoody(イエロー)とpatagonia Borderless Tights(黒)だった。参加者の中には僕を含めて5名ほどの短パンが…寒そうですね~なんて仰っていた。

 

f:id:trmontittiosa:20170310044202j:plain

 まずは前半の10km。芦ノ湖畔のトレイルはアップダウンが少なくとても走りやすかった。ペースはキロ6分ほどであろうか。参加者全員が楽に走れる程度に押さえているのであろう。

 石川さんは列の真ん中らへんで皆の走りを観察して的確なアドバイスをしながら進む。それにしても石川さんのランニングフォームはいつ見ても力みがなく美しい。惚れ惚れ。

 しばらくすると石川さんが僕の後ろに…緊張しすぎて同じ方の手足が出そうになる。とりあえず石川さんのことは忘れて走っていると

石「(障害物に対して行ったり来たりしないで)なるべく真っ直ぐ走ることを意識してみよう」

僕「はいっ!!!!!!」

 と、まあこんな感じで声をかけて下さった。僕は障害物があるとステップを刻む癖がある。20km程度なら余分に動いても足への影響を気にする必要はないけど100km、100mileともなれば話は別。できるだけ無駄を省きたい。

 

f:id:trmontittiosa:20170310045741j:plain

 こんな感じで坂の楽な登り方なんかをレクチャーしてくれる。そして思ったより長くなってしまったので後編に続く。