運動嫌いな僕がプロトレイルランナーになるまでの軌跡(奇跡)。

2015年6月7日から走り始めて2年と1ヶ月が経過。どうしたら速く走れるようになるかを色々と考えつつここに記す。

2017年7月15~16日 「OSJ ONTAKE100」というレースに参加し100km走ろうと思って頑張ってみた話。~15日編~

f:id:trmontittiosa:20170723042943j:plain

 7月15日、朝の5時に仕事を終えて職場のある渋谷から新宿のバスタに移動。7時45、新宿発・木曽福島駅行きのバスに乗るためぼ~っと待っていると

「連休の影響により高速道路がに渋滞が発生し…」

というアナウンスが…あ、うっかり忘れてた。17日が海の日で祝日になり三連休になっていたのだ。

 そうとはいえONTAKEの受け付け時間は14時~18時。流石にどんなに渋滞してたとしても18時を過ぎることは無いだろうということで、バスに乗り込むやいなや爆睡。一応、夜勤明けだからね。

 

f:id:trmontittiosa:20170723043013j:plain

 木曽福島駅に到着後、路線バスに乗って(200円)王滝村役場まで移動、更に大会のシャトルバスに乗って松原スポーツ公園へ。会場に到着したのは14時半頃だったかな。15時には受け付けも完了。

 

f:id:trmontittiosa:20170723043053j:plain

 宿賃をケチりたかったので松原スポーツ公園の駐車場脇で野宿スタイル。テントやタープ類、火気厳禁。

 受付時にもらったゼッケンをウェアとレース用のザックに安全ピンで留める。ドロップバッグに入れる物を分別したり、内側側副靭帯用のキネシオテープを切ったり、テキパキと作業を進めていたが、それにしても暑い。

 ついでに腹が減ってきた…お昼ご飯はバスタに乗る前に買っておいたパン。ちなみに夕飯もパン。ご飯類は暑さで腐る可能性があるし、火気厳禁だからお湯も沸かせないから仕方ない。

 

f:id:trmontittiosa:20170723043102j:plain

 少しずつ日が暮れてきた。出走準備は万全だったので寝袋を出して仮眠を取ることにする。下が芝生でフカフカだったのでエアマットレスの出番はなさそう。

 

「5.4.3.2.1.すたーとぉぉぉぉ!!!!」 

 何やら騒々しい声と音で目を覚ます。周囲は既に真っ暗になっていた。ああ、100mileがスタートしたのね。20時だ…と、寝ぼけながらも理解しつつ、もう一度寝る。

  22時、目覚ましのアラーム音で起きる。出走する100kmのスタート時刻まで残り2時間。広げた荷物をリュックに詰め込み受け付けに預ける準備をする。眠い。

 23時頃には荷物を預けコースブリーフィングを聴きつつスタートを待つ。いよいよ100kmもの長いレースが始まる。そこまでの緊張はない。

 

 レース前日の7月15日はこうして終わる。日付が替わると同時にレースが開始され、16日編へと続く。(後で書きます)