運動嫌いな僕がプロトレイルランナーになるまでの軌跡(奇跡)。

2015年6月7日から走り始めて2年と1ヶ月が経過。どうしたら速く走れるようになるかを色々と考えつつここに記す。

2017年12月10日 武田の杜トレイルランニングレースに参加してきた話。

https://www.instagram.com/p/BcgkS48Dey4/

 距離は30kmと短めではあるが石川さんの企画するレースは基本的に誤魔化しが利かない。とにかく走らされる。僕はロングレースよりもショートレースの方が得意ではあるので楽しみではあった。

 

 装備はアンダーアーマーのコールドギアをベースにパタゴニアのキャプリーン、パタゴニアの短パン、シューズはサロモンのSENSE RIDE。それにCAMELBAKの500mlのペットボトルを1本を腰にぶら下げて走った。

 トップ集団の中には補給らしき装備を所持してない方もチラホラ。僕は汗っかきなのでミネラルも水分もどんどん出ちゃうから補給がないと無理だなー。

 

 午前8時、レースが開始されスタートゲートを猛烈な勢いで駆け抜けていくトップランナーの皆さん…あっという間に見えなくなる。

 前半は登り坂が多いものの歩く程ではなくギリギリ走れる斜度。前後のランナーとの我慢比べが続く。心拍は170~165をウロウロ。

 

 15kmを過ぎる頃には若干の順位変動こそあるものの同じメンバーで抜きつ抜かれつを繰り返し良いペースで進む。

 1キロ辺り6分のペースで進んでいるのに前の集団に追いつかない。先頭集団はどれだけ速いのだろう…。

 

 最終エイドを通過するときボランティアの方に残り8kmだと教えられラストスパートし出す。寒さで足の感覚があまりない…自分の足なのに生きてるのか死んでるのかの判断ができない。

 樹の根っこに躓き態勢を戻そうとして踏ん張ったらふくらはぎが攣る。裏腿も攣りそう…限界が近い。時計を確認すると頑張れば3時間が切れそうだ。 

  そうしてサブスリーを達成することはできたが着順は59位といまいちであった。最近はロング走に対する練習ばかりをしていたがまあまあ走れたような気がする。

https://www.instagram.com/p/BctBynrjaFO/

 このレースを経て登坂力不足をひしひしと感じた。下りが下手くそなので登りで抜けなければレースでは勝てない。これからはトレミに斜度を加えるか…。

 

 今年も残り2週間ちょっと。最後の最後までトレーニングに明け暮れよう。